スポンサーリンク

FOSTEX GX100 分解 ネットワーク取り外し

.

FOSTEX GX100 分解

チャンネルデバイダーで低域、高域分ける事にしたので、スピーカー内部のネットワークを取り外しました。

必要だった工具は下記です。
・ゴムハンマー
・ツィーターをこじって持ち上げるクサビ的なもの
・柄の長いプラスドライバー
・六角レンチ3mm,2.5mm?



ウーハーはネジを外しただけではゴムと密着していて外れないと思います。
そこでウーハーの横(スピーカーのサイド)をゴムハンマーで叩きます。

ウーハーが呆気なく浮いてきます。
スピーカーはファストン端子205 (Mサイズ) で繋がっているので、丁寧に力強く外します。



スピーカーの中には白と黒の吸音材がユルく貼ってあるので剥がします。

黒い(底の)吸音材の下には錘が留めてあります。


次にツィーターを外しますが、ネジを外してハンマーで叩いても自重が軽いためか外れませんでした。

そこで裏から押しながら、ウーハー側※にマイナスドライバーにテープを巻いた物をこじ入れ外しました。
※傷がついても隠れるので。

端子はウーハーと同じものでした。



次にネットワークを外しますが、木ネジを外しても底の錘と上部のダクトに引っ掛かり外れませんでした。

錘のネジを外しても錘は接着されていて外れません。結構広い面積で接着されていると推測しました。
そこでダクトの一部を剥がしました。折れ曲がった部分で接着されているので、騙し騙し剥がしました。



ネットワークはウーハーの開口部ピッタリの大きさです。
ウーハー収納時と合わせて、ウーハー開口部下部のコードを逃がす凹みを利用してください。

ネットワークの木ネジを取り外すと、上手く同じ位置に戻せるか心配でしたが、
木ネジの先で穴を探ると以外と簡単に取り付けられました。


スポンサーリンク
レクタングル広告(大)